作家デビュー30周年記念作品 『人魚の眠る家』東野圭吾 美しい家、美しい母親、美しい娘。 彼女たちを待ち受ける―悲劇。 こんな物語を自分が書いていいのか? 今も悩み続けています。